MENU
ロンドン ミュージカル/舞台

ブロードウェイミュージカルらしいミュージカル「ヤングフランケンシュタイン」

Young Frankenstein @ the Garrick Theatre

2007年にブロードウェイで初上演された作品。ホラーに見えるけれど、コメディ。
日本では、2017年に小栗旬さん主演で上演されたミュージカルです。

トニー賞を受賞し、映画化もされているブロードウェイミュージカル「プロデューサーズ」と同じコメディ映画の巨匠メル・ブルックスの作品です。

会場

ギャリック・シアターレスタースクエア駅からナショナルギャラリーに向かって行く途中にあります。

チャイナタウンコベントガーデンなどお食事をする場所も多くて、地下鉄の駅も近いので便利です。

比較的小さい劇場ですが、安い席はちょっと見にくいので注意。

あらすじ

1974年のアメリカコメディ映画が原作。
クラシック映画「フランケンシュタイン」のパロディです。

モンスター(クリーチャー)を造ったヴィクター・フランケンシュタインの孫にあたる脳外科医のフレデリックが、ヴィクターの屋敷で祖父の実験記録を見つけて自分もモンスターを造ろうと試してみるが…。

私の評価

満足度★★★
英語の難易度★★

アメリカっぽさというか、メルブルックスさが全開のミュージカル

北欧系の美女や、ドイツ語訛りの英語を話すキャラクターなど「プロデューサーズ」と被る部分も多かったり。

セットの豪華さなどを考えると、ロンドンの小さな劇場よりもブロードウェイの大きな劇場で見るスケールの作品なのかなという感じを受けました。

前半はキャラクターの説明的な内容が多くて、話の展開がイマイチでしたが後半は、これでもかっ!といろんな事が詰め込まれていて、楽しめる内容でした。

チケットの取り方

公式ホームページ携帯アプリでも購入可能

2018年8月25日まで上演が決まっています。