MENU
その他(ホテル、安全情報など)

イギリス旅行を安全に楽しむために、知っておいたほうがいい5つの事

イギリス 旅行 安全

初めてのイギリス旅行安全に楽しむにはどうしたらいい?
気をつけろって言われても、一体何に気をつけたらいいの?

そんな、あなたに「イギリスで銃犯罪が最も多い町」と呼ばれていた都市(イギリスは、銃所持は違法です)に4年間、住んでいた私が

知っているだけで随分と違う、ロンドン旅行で気をつけるべき5つの事

をご紹介させて頂きます。

まず、日本の常識は通じないと心得ましょう。安全性に限らず、日本では大丈夫という事が通じない事もあります。郷に入っては郷に従えの精神で行動するのがベストです。

さて、実際にどんな事に気をつければ危険などから身を守れるのでしょうか?

スマホやタブレットは売れる

今や、当たり前の様に多くの人が所有しているスマホやタブレット。
昔ほど高価では無いものも多いのですが、新しい機種などは中古でも高価で取引されます。

ロンドンに住んでいる人でも(日本人に限らず)、携帯電話で話しながら歩いていたら後ろからきたバイクに盗られたという事件も多発しています。
*実際に、観光客の多いオックスフォードストリートリージェントストリートでもこの様な被害が多く発生しています。

携帯電話で写真を撮ったり、地図を見たりしても、使い終わったら人の目につかない様にカバンなどにしまいましょう。

観光客の多い場所は、スリも多い

ロンドンは、観光客が多い街です。そういう場所は、どうしてもスリも増えます。

肩がけやハンドバッグなどではなく、クロスボディなど引っ張られても簡単に盗られず、カバンのファスナーが自分の体の前に来るものがおすすめ

ファスナーのついていない、中身丸見えのカバンは避けたほうが無難です。また、リュックは後ろから開けられる可能性もあるので、少し注意が必要です。

当然ですが、荷物を置いての(カフェやレストランなどの)場所取りもやめましょう。(盗まれても文句は言えませんよ!)

london-safety

お金を下ろす場合は、銀行内のATMを使う

出来れば、銀行の店内にあるATMを使いましょう。ATMは道路に面した場所にも多いのですが、暗証番号を見られてカードを盗られる場合もあります。
同様にクレジットカードの暗証番号なども、番号押すときは人目につかない様にしてください。

大使館によると、警察官を装って銀行のATMカードや身分証明書を見せる様に言われ、強奪される犯罪手法もあるそうです。

10年以上イギリスに住んでいますが、警察に身分証明書を見せろと言われたことは一度もありません。怪しいと思ったらすぐに逃げましょう。

ブランド品を持ちすぎない

イギリスでは、日本の様に若い人が高級ブランド品を持っている姿はあまり見かけません。

ロンドンでお買い物を楽しむのは大いに構いませんが、ブランド品のショッピングバッグやお土産を大量に買い込んでいる袋は「観光客です。お金いっぱいあります。」とアピールしている様なもの。

最近は、あまり見かけなくなりましたが、全身分かりやすいブランド品で固めている様な人も注意が必要。タクシー移動のみなら良いのですが、地下鉄やバスで移動するときは目をつけられてもおかしく無いです。

お店で財布を広げて支払いをしている姿も、財布の中に現金が入っているのを見られている可能性がありますので、その日に必要な金額だけを財布に入れるなどしましょう。

イギリス 旅行 安全

日が暮れた後の観光は、十分に気をつける

特に冬は日が暮れるのが早いイギリスですが、時間帯に関係なく、日が暮れたらあまり人気の少ない場所は避けましょう。

ロンドンでは街のいたるところに監視カメラが回っていますが、そういったものも何も無い場所は特に注意が必要。

夜に人気のない場所を通らないと行けない場合は、*タクシーを利用してください。
*タクシーは、ホテルなどで呼んでもらうか、Uberアプリなどで呼ぶ、街を走っているブラックキャブがベストです。
普通の車でタクシー営業をしている場合もあるのですが、事件に巻き込まれる可能性があるので、深夜のコンサートやクラブ帰りなどは特に注意が必要です。

どんな自体でも、とにかく「怪しい?、危ないかも?」とあなたの第六感が感じたら逃げてください。

そして、万が一何かに巻き込まれてしまった場合は、犯人を追わない事。(更なる被害が発生する可能性があります)

如何でしたか?

当たり前の事でも、ちょっと気をつけるかどうかで行動が変わってきます。
特にロンドンは、他のヨーロッパの都市に比べるとかなり安全な街です。

安全で楽しい、思い出に残るロンドン旅行を!

万が一に備えて、海外旅行保険のご加入も忘れずに。